今日は平成27年2月25日(水)。一昨日、昨日と3月下旬から4月を思わせる暖かさでした。雨が降る周期もこれまで以上に早まり、いよいよ春近し、といった感じになってきました。
 さて、のびのびになっていたトラクター泥沼沈没事故のその後について書かせていただきます。
 もがけばもがくほど沈んでいくトラクターを前に、ヤンマー天理営業所の応援を依頼しようと思い、それを思いとどまったところまではすでに書かせていただいたとおりです。なぜ、そうしなかったかというと、村のお年寄りの方々の姿勢から学ぶところがあったからだ、ということも書かせていただきました。
 では、そのお年寄りの方々の姿勢とはどういうものだったかというと、「けっして、あきらめない!」という姿勢です。というのも、これまでに私なら絶対にクレーン車の出動を依頼しているはずの脱輪事故を、村のお年寄りの方々は、そのへんに転がっている適当な石や材木で、見事に解決される姿をたてつづけに見てしまったのです。いや、「見た」というのはウソで、見ないうちに解決されてしまったのです。こんなふうに書くと、最初から簡単な脱輪だったのではないかと思われそうですが、けっしてそうではありません。
 一件は、私の自宅前の里道で起きた脱輪事故です。左側の前輪、後輪のを両方ともを崖側に落としてしまわれたという事故です。完全に車体の底部が地面についてしまっているような状態です。里道はコンクリート舗装で、その端を踏み外すと、田んぼに落ちてしまうのです。左側の両輪が脱輪していて、しかもその両輪が宙に浮いている状態ですから、自力で脱出するのは不可能だと思いました。みなさんなら、どれされますか?
  その事故を起こされた方は、普段はあまり畑仕事に出ておられない息子さんでした。田植え等の忙しい時期でもあり、応援のために軽トラックに荷物を積んで里道から市道に出る直前に脱輪してしまわれたのです。拙宅のすぐ近くでもありましたし、そのお父さんとは毎日のように挨拶を交わす顔見知りでもありましたので、なんとか自力で脱出を試みようと悪戦苦闘されているお二人に、「誠に勝手ながら、この状況ではとても無理です。JAFの応援を依頼させていただきましょう。」と声をかけさせていただきました。どう見ても、脱出できるとは思えない状況でしたから…。JAFに電話をすると、40分ほどで現場に到着します、とのこと。ところが、その40分ほどの間に、なんとお二人は自力で脱出に成功されてしまったのです。私が出勤前の用事を済ませていると、「おかげさまで車があがりました」との報告を受けてビックリ!もちろん、すぐにJAFにキャンセルの電話をいれましたが、まさかあの状況からクレーンを使わずに車を引き上げるなんて…。
 そして、同じようなことがもう一度ありました。私がやはり左側両輪を側溝にはめてしまい、クレーンの出動を依頼した時とまったく同じ現場、同じ状況での脱輪事故です。そのときも村の方に「クレーン車の要請をされた方がいいと思います」とアドバイスさせていただいたのですが、その方はその後、見事に自力で脱出に成功されたようでした。
 なんとかしようとおもえばなんとかなる。
 村のお年寄りの方たちの姿勢から学ぶところがあったものですから、今回のトラクター沈没事故の際も、まずは自力でなんとかしてみよう、と思った次第です。「村のお年寄りの方ならどうされるかな…?」と。
 そこで思いついたのが、要は沈没したとはいえ、水の中ではなくて泥の中ですから、泥の中からトラクターを浮き上がらせればいいだけの話。時間はかかっても、トラクターの周囲の泥をすべて取りのければなんとかなるにちがいない、ということでした。重労働であることは間違いありませんし、時間はかかるかもしれませんが、時間さけかければなんとかなる…。
 結果は…。おかげさまでおもいのほか簡単になんとかなりました!そして、学んだことは、抜け出すときは前進ではなくて、バックの方が効果的、ということと、状況にもよりますが、トラブルが生じたときは、そのトラブルの解決方法を見いだすことに楽しみを感じることができたら言うことなし、ということでした。
 2月22日(日)、ジャガイモ(きたあかり)を植え付けました。24日(火)、スナップエンドウのネットを張り、4号畑の畝立て工事の続きを行いました。