今日は平成26年3月26日(水)。5日前の21日(金)は、二十四節気の一つ「春分(しゅんぶん)」でした。ウィキペディには、
 
昼と夜の長さが等しくなる。二月中(旧暦2月内)。
現在広まっている定気法では、太陽春分点を通過した瞬間、すなわち太陽黄経が0度となったときで、3月21日ごろ。ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とし、日のほうは春分日(しゅんぶんび)と呼ぶ。
 
と記されています。
 厳しかった寒さがようやく収まったと思ったら、一気に気温があがって、ここ数日は最高気温が20℃ほどまでに達しています。満開の梅はこの暖かさでシーズンを終え、本格的に桜の季節を迎えます。天理では石上神宮(いそのかみじんぐう)前の桜並木が有名ですが、私自身はまだ開花を確認していません。
 さて、1号畑では早生のタマネギが元気よく色づいてきました。茎ブロッコリーは収穫を開始しました。ハクサイはいよいよ終わりの時期を迎え、開花をはじめました。スナップエンドウは順調に成長しています。キャベツ、レタスの苗が出回りはじめましたが、植え付けをどうしようか思案中です。春野菜の中でも特に葉ものは虫の餌食になりやすく、薬がどうしても必要になってくるからです。
 自宅の周辺では、ツクシが出始め、モクレンの花が咲きはじめました。
 ところで、すぐ近くにある夜都伎神社の森の木が、一部伐採されました。隣接する田を覆うように茂っていたため、稲の生育に障害が出ていたそうです。この伐採によって、鎮守の森の外から、拝殿を見通すことができるようになりました。茅葺き(藁葺き?)の趣のある拝殿です。木綿庵の1号畑からも拝殿が見えるようになりました。
 添付の写真は、早生のタマネギ畝の様子、茎ブロッコリーの様子、ハクサイの花、スナップエンドウ、夜都伎神社全景と、拝殿の様子です。
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5イメージ 6