今日は平成24年8月8日日(水)。昨日の8月7日は二十四節気の一つ「立秋(りっしゅう)」。暦の上では秋を迎えました。昼間の猛暑は相変わらずですが、畑には赤とんぼが飛びはじめ、朝晩の涼しさに確かな秋の訪れを感じます。
 さて、1号畑の綿木エリアでは、いよいよ綿木に実がつき始めました。8月は開花の最盛期ですので毎日、紅白の花を楽しむこともできます。コットンボールもできはじめ、綿の木の成長を確認するのにはもっとも良い時期になりました。
 なお、野菜エリアでは、オクラ、ピーマン、シシトウ、トマトの収穫が順調に続いています。ゴーヤもどんどんできはじめました。一方、キュウリはいよいよ終わりに近づいてきました。ナスは更新剪定を行い、秋ナスの準備に入りました。大葉、モロヘイヤ、ツルムラサキは元気です。
 添付の写真は、洋綿のコットンボール(上を向いている)、和綿のコットンボール(下を向いている)と、開花盛んな綿木の様子です。
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3