今日は平成24年7月24日(火)。一昨日の7月22日は二十四節気の一つ「大暑(たいしょ)」で、一年でもっとも暑い時期にあたります。これから初秋までが「暑中」で、「暑中見舞い」がやりとりされるようになります。
 こちら天理でも、17日に梅雨が明けてから昼間は暑さが急に厳しくなってきました。ただ、朝晩は例年以上に涼しく感じられます。一昨日も、少し風が吹くと夜は半袖では寒く感じられるほでした。
 1号畑の綿はその後も順調に成長しています。一番花が咲いてからは、毎朝のように開花を見ることができます。見学通路の案内板も用意して、綿のシーズン到来に向けて、受け入れ準備を着々と進めているところです。(ただ、猛暑のため、最近は山辺の道をハイキングされている方はほとんどおられませんが‥。)
 なお、野菜エリアでは、キュウリの収穫が最盛期で、毎日、朝と夕の2回収穫していますが、毎回4,5本採ることができます。ピーマン、シシトウ、オクラも毎日のように収穫しています。ゴーやも昨日初収穫しました。
 スイカも昨日、初収穫しました。今年初めて栽培に挑戦してみたのですが、収穫のタイミングがわからずに困っています。農家の方は、何を基準に収穫期を見極めておられるのでしょうか? スイカは収穫してから2,3日はおいてから切った方がいいとのことですので、まだ切っていませんが、色、味ともにどうなっているのか、ドキドキです。
 トマトは、前回の報告どおりその後も次々と大玉のトマトを収穫することができています。一方、ナスが今年は出来がよくありません。株も大きくならず、すぐに虫がついてしまいます。土作りを怠ったせいかもしれません。
 反対に、大葉とツルムラサキは、農薬を使わないでもきれいな葉を収穫することができています。どちらも健康野菜ですが、とくに大葉を毎日のように食しているという親戚の若者の話を聞いてから、急に大葉に関心を持つようになりました。スーパーでは数枚で100円! キュウリやナスに比して、どうして大葉があんなに高価なのか不思議でなりません。
 添付の写真は、洋綿(90cm)と和綿(80cm。摘心済み)、そして綿畑全体の様子です。
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3