今日は平成22年8月2日(月)。綿の種を播いてからちょうど13週間が経ちました。新標準木の背丈は133㎝。この1週間で14㎝も成長したことになります。
 ところで、梅雨明け以降、ハマキムシの被害が少しずつですが確実に広がってきましたので、一昨日と昨日の2回に分けて、すべての綿木に農薬を散布しました。使用した農薬はスミチオン乳剤で、1,000倍に希釈して使用しました。農薬を散布しながら気がつきましたが、いくつかの木ですでにコットンボール(蒴・さく、蒴果・さくか)が出来はじめているのに気づきました。コットンボールは子房が成熟したのもので、添付の写真では花殻がまだ残っているのがよくわかります。
 添付の写真は新標準木、新標準木周辺の様子、コットンボールです。
イメージ 1イメージ 2イメージ 3