イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 今日は平成22年2月8日(月)。昨日までの厳しい冷え込みから一転して暖かな一日となった今日、1号畑に新たな看板を設置しました。タテ30㎝、ヨコ210㎝、厚さ3㎝の檜の板に「木綿庵(ゆうあん)」と書いた看板です。板は桜井市の製材所で格安で分けていただくことができました。支柱のポールは知り合いの方から分けていただいた間伐材です。材木の風合いを生かすために、いずれもニスを塗って仕上げました。
 山辺の道を歩いている人からも見えるように、支柱の高さを高めにしています。畑の地面から250㎝あります。支柱を3本にしたのは強い西風にも耐えられるようにとの配慮からです。立ててみると、スキッとした感じに仕上がり、2本ではなくて3本にしてよかったと思いました。せっかくですから支柱に名前をつけることにしました。南から「あさお木」「しょうじ木」「はたら木」です。
 看板を設置後、庭の樹々にすこし遅めの寒肥をおきました。次は、4月末の綿の種蒔きに向けて、畑の土作りにとりかかる予定です。
 添付の写真は、山辺の道から見た看板のある風景(東から西を臨む)と、看板のアップ、それに看板を裏からみたところです。