令和4年7月7日(木)が二十四節気の「小暑」でした。夏至から小暑までのお天気は以下の通りです。天理市乙木町における感覚的観測データです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/✕=晴のち雨。〇|✕=晴時々雨、△:✕=曇り一時雨。
 6月22/|、23|△、24|△、25△:✕、26△:✕/、27|△、28、29〇、307月1〇、2〇/△:✕、3|、4|△、5✕/6|7|△。    
 6月28日に近畿地方の梅雨明けが発表されました。今年の梅雨は2週間。ほとんど梅雨らしい雨が降らないままに梅雨が明けてしまい、水不足が心配されましたが、その後すぐに台風が発生し、不安定なお天気がつづくとともに、まとまった降雨もあり、農産物にとっては恵みの雨となりました。
 綿は順調に生長しています。背丈は70㎝を超えはじめ、7月3日に1号畑の和綿については70㎝を目安に摘芯を行いました。ただし、生長の度合いを観察するため、一部は摘芯をしていません。また、洋綿は毎年、摘芯をしていません。
 ところで、摘芯作業中の7月3日に、和綿の赤木種、青木種の双方で一つずつ、開花を確認しました。一番花です。昨年の一番花の確認は7月10日でしたので、昨年より1週間早い、ということになりますが、確認のタイミングもあり、ほぼ例年通りの生長であるように思います。
 その後、7号畑の和綿でも開花を確認しました。いよいよこれから開花シーズンをむかえます。  
 以下の写真は1号畑の様子です。赤木種、青木種の様子、苞(つぼみ)の様子、洋綿の様子、牛乳パック栽培の様子、虫害の様子、紅花(紅花:紅花染めに用いる)の花摘みの様子です。なお、写真中の赤い糸のラインが70㎝で、摘芯の基準です。
image62
image20
image52
image51
image10
image21
image41
image32
image30
image70
image71
image60
image92
image80
image91
image102
image101
image100