H.A.M.A.木綿庵(ゆうあん)

こころはればれ晴れ(Hare)の日も、こころしとしと雨(Ame)の日も、まえ(Mae)を向いて、歩き(Aruki)たい…。                  このブログでは、おもに綿の栽培記録を紹介させていただきます。

 令和4年6月21日(火)が二十四節気の「夏至」でした。芒種から夏至までのお天気は以下の通りです。天理市乙木町における感覚的観測データです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/✕=晴のち雨。〇|✕=晴時々雨、△:✕=曇り一時雨。
  6月7△|〇、8△|〇、9〇、10△|〇、11△/✕、12〇、13△|〇、14✕、15△:✕、16△|〇、17△|〇、18△|〇、19〇|△、20△|〇、21。  
 6月14日に近畿地方の梅雨入りが発表されました。21日は雨がよく降りましたが、これまでのところは雨が二日以上にわたって降り続いたことはありません。農作物にとっては恵みの雨になっています。
 綿木の管理作業としては、6月14日に2回目の間引きを行い、1本立ちにしました。間引く際のポイント、判断の優先順位は➀背丈、②葉っぱの色つやおよび病害虫の程度、③姿勢(相手に遠慮して傾いている方を間引く)、④位置(植え穴の中心に近い方を残す)、です。
 ただし、優先順位はあくまで目安で、総合的に判断します。特に④はどちらを間引くか迷ったときの判断基準にすぎず、積極的な意味はありません。
 また、1本立ちさせたあとは土寄せをして、株元の土を手のひらで押し固めます。そうすることでいくらかは倒伏防止につながります。
 さらに、間引き作業をしながら1本一本、しっかり観察します。今回はアブラムシがついている株を1号畑で1株、7号畑で1株発見しました。また、青虫に葉っぱを食害されている株を複数株、ハマキムシの被害を1号畑で1株発見しました。
 そこで、今回は少し早めですが、6月15日に1号畑と7号畑の綿木に農薬を散布しました。スミチオン乳剤(住友化学)1,000倍希釈液と、アファーム乳剤(シンジェンタジャパン)1,500倍希釈液です。
 草丈は高低はありますが、おおむね洋綿で約30㎝、和綿で約40㎝ほどです。  
 以下の写真はおもに22日に撮影した1号畑、7号畑の様子と病害虫の様子です。
image62

image30

image42

image41

image50

image51

image61

image0
image70
image10
image22
image0 (36)
image90
image92
image91




 令和4年6月6日(月)が二十四節気の「芒種」でした。小満から芒種までのお天気は以下の通りです。天理市乙木町における感覚的観測データです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/✕=晴のち雨。〇|✕=晴時々雨、△:✕=曇り一時雨。
 5月22〇|、23✕/〇|△、24〇、25|:✕、26|〇/、27|、28、29〇、30|/、31|。6月1△、2|△、3〇、4〇、5△/✕、6✕/△。
 出遅れていた7号畑のブータン綿が発芽しました。ただし、発芽率は20%程度でしょうか。風土環境の違いに戸惑っているのかもしれません。かろうじて生長をつづけてくれている5本が、無事に収穫まで至りますようにと祈るばかりです。
 その他の綿は、その後も順調に生長しています。この間に各植え穴の苗を3本立ちから1本間引いて2本立ちとし、1回目の追肥を行いました。追肥は、株元から少し離したところに直径1㎝ほどの穴を開け、そこにスプーン小さじ1杯程度の化成肥料888を施しました。いわゆる穴肥(あなごえ)、棒肥(ぼうごえ)です。
 あと10日ほどしてから、1本立ちさせる予定です。
 苗木の背丈は、苗によってまちまちですが、おおむね10㎝から20㎝程度です。
 写真は1号畑の和綿、洋綿、11号畑の洋綿、追肥要領、7号畑(試験農場)の全景、7号畑のブータン綿の様子です。
image0
image1
image13
image12

次は、洋綿です。
image62
image5

次に追肥要領です。

image50
image52
image51
image53

次は7号畑の全景と、ブータン綿の様子です。
image1 (4)
image41
image42
image43

 令和4年5月21日(土)が二十四節気の「小満」でした。立夏から小満までのお天気は以下の通りです。天理市乙木町における、筆者の実感に基づく感覚的観測データです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/△=晴のち曇り。△|✕=曇り時々雨。△:✕=曇り一時雨。☆=雪
 5月6△、7〇|△、8〇|△、9△/✕、10〇、11△|✕、12✕、13△/✕、14✕/△/〇、15△|〇、16△|〇、17△、18〇|△、19〇|△、20△|〇、21
 
今年は5月3日に1号畑、7日に6号畑、8日に7号畑と11号畑にそれぞれ綿の種を蒔きました。1号畑では8グループ11名、6号畑では6グループ9名の方々に種まき作業をお手伝いいただくことができました。その後約2週間を経て、ほぼすべての植え穴で発芽を確認することができました。 
 今年の植え付け状況は以下のとおりです。
 1号畑では、33メートル畝に、洋綿39穴。19メートル畝に和綿赤木種30穴、19メートル畝に和綿青木種30穴、19メートル畝に和綿青木種72穴(株間を短くして二条植え)。
 6号畑では、33メートル畝を3本立て、各畝に和綿赤木種52穴、52穴、54穴。
 7号畑では、32メートル畝を2本立て、各畝に和綿赤木種11穴、河内綿11穴、〇綿11穴、真岡綿6穴、大島綿5穴。洋綿アプランド9穴、品種確認中9穴、伯州綿11穴、和綿青木種9穴。
 11号畑では、32メートル畝1本を立て、洋綿アプランド40穴。
 発芽したばかりの植え穴では、雑草の勢いもすさまじく、初期の草取りは欠かせません。
 なお、今年は播種適期にあわせて過年度産綿種の発芽率調査も行いました。
 2021年産、2020年産、2019年産、2018年産、2016年産、2015年産、2013年産、2011年産の綿種を、同じ条件で各20粒ずつをセルポットに播種。育苗ハウスで観察を行いました。
 調査に用いた種は、すべて木綿庵の畑で栽培・収穫、同条件で常温保存してきたものです。
 私が発芽の目安としている2週間後の結果は以下のとおりです。
 
 2021年産19/20、2020年産18/20、2019年産18/20、2018年産10/20、2016年産5/20、2015年産10/20、2013年産0/20、2011年産0/20。
 3年前の種でも、非常に高い確率で発芽することがわかりました。4年前の種になりますと50%。ただし、6年前でも50%です。10年近く前になるとさすがに発芽しないこともわかりました。ただし、あくまでこれも一つに参考資料にすぎません。
image52

image0

image2

 以下は、育苗ハウス内でのセルポットにおける発芽率調査の様子です。
image20

image21

image22

image40

image41

image42

image1

 なお、過去の種ほど発芽に時間がかかることもよくわかりました。また、5年ほど前の種から発芽した双葉には、やや色褪せた様子が見られました。
image10

image11





↑このページのトップヘ