H.A.M.A.木綿庵(ゆうあん)

こころはればれ晴れ(Hare)の日も、こころしとしと雨(Ame)の日も、まえ(Mae)を向いて、歩き(Aruki)たい…。                  このブログでは、おもに綿の栽培記録を紹介させていただきます。

 令和4年9月23日(金)が二十四節気の「秋分(しゅうぶん)」でした。白露から秋分までのお天気は以下の通りです。天理市乙木町における感覚的観測データです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/✕=晴のち雨。〇|✕=晴時々雨、△:✕=曇り一時雨。
 9月8△/✕9|〇/激雨10|〇:✕11|12|13|、14|、15|、16|、17△|、18、19△/20|、21、22△|✕、23✕|。 

 その後も変わらず定期的に雨が降る中にあって、11日から16日にかけては秋らしい好天に恵まれました。つづく17日から19日にかけて台風が接近するとあって、その前に綿摘みを急ぎましたが、この時は収穫盛期を思わせる収穫がありました。しかしながら、その後はまた雨にあうことが多く、収穫最盛期には至りません。
 例年であれば、9月中旬から下旬にかけて最盛期を迎えるのですが、このままの状況がつづきますと今年は当庵としては「不作」と言わざるを得ません。
 それは天候のせいばかりではなく、土づくりがうまくいかなかったことも多分に影響していると思われます。とくに1号畑の和綿は「木ばかり育てて実がならず」の状況が顕著です。 
 ただ、ハイキングコース沿いに設置している無人販売所の鉢植え、牛乳パック栽培は成功し、綿木は小さくても、それなりに実をたくさんつけてくれました。
 以下の写真は、台風接近を前に急いで収穫した綿の籠、綿摘みの様子と、鉢植え、牛乳パック栽培の実りの様子、6号畑全景、1号畑の洋綿畝の様子です。
image1
image0 (65)
image0 (66)
image12
image10image1 (9)
image1 (8)
image0 (67)



 令和4年9月8日(木)が、二十四節気の「白露(はくろ)」でした。処暑から白露までのお天気は以下の通りです。天理市乙木町における感覚的観測データです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/✕=晴のち雨。〇|✕=晴時々雨、△:✕=曇り一時雨。
 824|、25|〇:✕、26|27|28、29|、30|/✕31|、9月1△|✕2✕/|〇、3|〇/激雨、4|、5|、6|、7△|
 
 相変わらずよく雨が降ります。畑の土の乾く間がなく、収穫にも影響が出始めています。その中にあって、洋綿の実もはじけはじめました。綿の実が割れて繊維があふれ出ることを、かつて(江戸時代)は、「綿が吹く」と表現したようです。今年の洋綿の開絮確認(洋綿の吹き初め)は1号畑で、8月25日です。

 つきましては、2022年の木綿庵の公式記録として、綿の開絮確認(吹き初め)は和綿8月12日、洋綿8月25日とさせていただきます。

 ところで、今年は洋綿の畝で、明らかに品種の異なる花、葉の姿が見られます。その数は1号畑で37株中の10株におよびます。この畝ではたしかにアプランド種を播いたはずですが、異品種10株は、昨年に初めて試験栽培した稀少種(最高クラス)の超長繊維綿と同じ姿をしています。最初は、何かの手違いで超長繊維綿の種が混入した可能性を疑いましたが、その後、当方の洋綿の種を購入してくださった方からのご報告を受け、交雑の可能性が高いと判断いたしました。

 ある方からは、「赤い花、ピンクの花が咲きました。何の綿でしょうか?」とのご連絡をいただきました。アプランド種は、初日が淡いクリーム色で、夕刻から紅く染まりはじめ、翌日には赤い花になります。その旨をお伝えさせていただきましたところ、「初日から赤い花が咲いたのです!」とのこと。初日から赤い花が咲くのは、茶綿、緑綿です。

 当方では、2020年に茶綿、緑綿をアプランドと同じ畑で栽培した事実はあるものの、2021年は、茶綿、緑綿は一切栽培をいたしておりません。したがいまして、2020年に交雑した結果が、2021年を隔てて2022年に出現したものと思われます。

 同様に、2021年に交雑が生じ、アプランド種として収穫された実綿の種が、異品種(超長繊維綿)の因子を有し、結果としてその因子が2022年に出現したものと思われます。
 
 たいへんわかりにくい説明で申し訳ありませんが、その種が有するもう一つの別の因子が、数年を経て出現する現象は、植物の世界ではけっして珍しい現象ではないそうです(メンデルの法則)。

 ちなみに、本年に当方の洋綿の種をご購入、栽培くださいましたみなさんにお送りした書面を添付させていただきます。
page001
 種の扱いについて、またお分けさせていただく際の説明の仕方について、今後はこれまで以上に細心の注意をさせていただきたいと思います。

 さて、綿の収穫作業については、多雨時対策として、はじける前の蒴果(緑のコットンボール)を摘み取り、ハウス内で弾けさせる、という方法も取り入れています。コットンブランチも同様です。個体差もありますが、おおむね、きれいにはじけてくれます。

 今後のお天気の回復(安定した晴天が続くこと)を祈るばかりです。

 以下の写真は、アプランドのコットンボールが畑ではじけた様子、アプランドの緑の蒴果、アプランドの花、異品種(超長繊維綿)の花、異品種の緑の蒴果、異品種の葉姿、アプランドの蒴果を摘み取った状態、その蒴果がハウス内で弾けた様子です。

image20
image10
image11
image0 (50)
image0 (49)
image0 (48)
image22
image21
image30
image31


なお、2022年(令和4)年度の、当方の綿の栽培面積は、1号畑、315㎡。6号畑、380㎡。7号畑、245㎡。11号畑、83㎡。合計1,023㎡(310坪、約1反)です。

 令和4年8月23日(火)が、二十四節気の「処暑」でした。立秋翌日から処暑までのお天気は以下の通りです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/✕=晴のち雨。〇|✕=晴時々雨。△:✕=曇り一時雨。 8月8〇|△、9〇|△、10〇|△:夕雷雨、11〇|△、12△|〇:夕立、13△|〇:✕、14△|〇:✕、15△|〇:夕方激雷雨、16〇|△、17✕/△|〇、18△|〇、19〇|△、20△|〇/✕、21△|〇、22△|〇23△。  
 立秋以降もよく雨が降ります。この時期としては、この雨の多さは異常のように思われますが、昨年の同時期の記事を振り返って見ますと、まったく同じ状況が記されています。近年の傾向なのかもしれません。
 その中にあって、和綿の実が次々とはじけはじめています。
今年の和綿の開絮確認は1号畑の山辺綿赤木種で8月12日。14日には1号畑の山辺綿青木種、7号畑(試験農場)の赤木種、真岡綿でもはじけているのを確認しました。その後約10日、もっともさかんにはじけているのは7号畑の山辺綿赤木種です。
 先日から、7号畑の河内綿、伯州綿、大島綿もはじけはじめました。河内綿は今年もやはり、花もコットンボールも他に比して大ぶりです。
ちなみに8月23日は二十四節気の処暑であると同時に、七十二候の綿柎開(わたのはなしべひらく)」に当たります。いよいよ本格的に綿がはじける時期に入った、ということになります。
 なお、洋綿の開絮もまだ確認できていません。虫害を受けたためか、先が黒ずんで中途半端にはじけたコットンボールはありますが、いつものフワフワとしたコットンボールはまだ未確認です。
 以下の写真は、7号畑の山辺綿赤木種のコットンボール、花。7号畑の河内綿のコットンボール、花。1号畑の洋綿畝の全景、アプランドの蒴果、超長繊維綿の蒴果、虫害を受けたアプランドの蒴果。収穫した和綿。1号畑の和綿畝の様子、7号畑の全景、です。
image1 (6)
image100image0 (39)
image102image121
image130
image112
image81
image50
image52
image20
image0 (42)
image0 (41)
image91
image92
image150




 

↑このページのトップヘ