H.A.M.A.木綿庵(ゆうあん)

こころはればれ晴れ(Hare)の日も、こころしとしと雨(Ame)の日も、まえ(Mae)を向いて、歩き(Aruki)たい…。                  このブログでは、おもに綿の栽培記録を紹介させていただきます。

 今日は令和2年8月24日(月)。昨日23日が二十四節気の「処暑(しょしょ)」でした。立秋から処暑までのお天気は以下の通りです。天理市乙木町における、筆者の実感に基づく感覚的観測データです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/△=晴のち曇り。△|✕=曇り時々雨。△:✕=曇り一時雨
 8月8|9|10〇、11〇、12|〇、13〇、14〇、15〇、16〇、17〇、18、1920、21〇、22〇、23|
 ご覧のとおり、この半月ほどはほとんど雨が降っていません。昨夜は夕立の気配がありましたが、パラパラと降っただけで、土が濡れるほどにはなりませんでした。気温は35℃を超える猛暑日も多く、38℃近くになる日もありました。連日の猛暑で畑はさすがに乾燥しきっています。
 その中、和綿は8月12日に開絮、洋綿は今朝8月24日に初めての開絮を確認しました。和綿はもうすでに綿摘みに追われる状況になっています。今回は、複数種類の種を播き、栃木県の真岡木綿会館から分けていただいた種から栽培した綿木がもっとも早く実をつけましたが、すでにすべての種類で開絮を確認しました。
CIMG4100

CIMG4101

CIMG4104

CIMG4105

CIMG4106

CIMG4099

CIMG4102

CIMG4103

CIMG4078

CIMG4079

CIMG4082

CIMG4111

CIMG4114

CIMG4117

藍も元気です。

CIMG4098









 今日は令和2年8月9日(日)。一昨日7日が二十四節気の「立秋」でした。大暑から立秋までのお天気は以下の通りです。天理市乙木町における感覚的観測データです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/✕=晴のち雨。〇|✕=晴時々雨、△:✕=曇り一時雨。
 723、24|、25/✕、26✕、27、28|、29|、30|✕、31:✕、8月1、2、3、4、5〇、6、7
 近畿地方は7月31日に梅雨明けし、以後連日晴天、猛暑がつづいています。綿畑においては本格的に開花最盛期を迎えた一方、早くもコットンボールがふくらみはじめています。
 以下は、1号畑の洋綿です。
CIMG3903


CIMG3883

CIMG3890

CIMG3895

CIMG3887

CIMG3886

 次は1号畑の和綿です。まずは青木から。
CIMG3904


CIMG3901

CIMG3908

次は和綿の赤木です。

CIMG3917

CIMG3918

次は6号畑です。洋綿の緑綿です。
CIMG3921

CIMG3924

CIMG3927

CIMG3929


CIMG3935

次は8号畑です。和綿の茶綿です。

CIMG3942

CIMG3946

CIMG3962

8号畑は、昨年までは田んぼでお米をつくっていました。肥が十分に残っていたためか、
他の畑と施肥量は同じなのに、生長の度合いは目を見張るものがあります。参考までに摘芯をせずに残した綿木は、すでに3メートルを超えていました。

CIMG3965

CIMG3963










 今日は令和2年7月24日(金)。一昨日22日が二十四節気の「大暑(たいしょ)」でした。小暑から大暑までのお天気は以下の通りです。天理市乙木町における、筆者の実感に基づく感覚的観測データです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/△=晴のち曇り。△|✕=曇り時々雨。△:✕=曇り一時雨
 7月8|△、9|△、10|、11/、12、13|、14、15|〇、16|、17|、18|、19|20|、21〇、22|
 7月14日に2回目の追肥を行いました。株元より約20㎝ほど離し、棒で穴を開けて施肥する「棒肥」です。各綿木に約10gずつ、有機化成888を施しました。
CIMG3638

CIMG3651

 また、同日に8号畑の摘芯を行いました。他の畑は7月2日に摘芯を行いましたが、8号畑は2週間近く遅れたため、もっとも高い綿木で183㎝にもなっていました。平均でも140㎝ほどになっており、100㎝~110㎝を目安に摘芯を行いました。 
CIMG3698

 前回の報告に際にはまだ咲いていなかった洋綿(白綿)の花も、ようやく咲き始めました。しばらく雨が続いたために畑の観察がおろそかになりがちで、洋綿の開花は7月14日に初めて確認しましたが、すでに花が萎んでいるものもあり、最初の開花は7月9日頃と思われます。
CIMG3821

CIMG3818

CIMG3826


CIMG3822

 ちなみに、現時点で無事に生長をつづけている綿木の数は以下のとおりです。
 1号畑、和綿(白)140株、洋綿(白)39株。 5号畑、和綿(白)122株。 6号畑、和綿(白)136株、洋綿(緑)3株。 7号畑、和綿(白)91株。 8号畑、和綿(茶)68株、和綿(白)2株、洋綿(茶)2株。
 綿の花には太陽の光と青空がよく似合います。以下は晴天の下で咲く、和綿の花です。
CIMG3727

CIMG3737

CIMG3747

CIMG3736

 木の枝が青い、いわゆる「青木」は、花の底に紅がつきません。底紅がつかないのは和綿の青木種です。
CIMG3750

CIMG3752

CIMG3753

 洋綿の緑綿の花も、7月14日には咲いていました。
CIMG3803

CIMG3805

CIMG3807

 今年の梅雨は、いかにも梅雨らしい梅雨で、6月25日頃より約3週間にわたってほとんどすっきりと晴れる日はありませんでした。畑も水浸しになることが多く、根腐れが心配されましたが、2株ほどが枯れただけで済みました。
 梅雨の末期を迎え、綿畑はいよいよ開花盛期を迎えています。
CIMG3830

CIMG3827

CIMG3760

CIMG3813
 
CIMG3819

なお、紅花は開花盛期を過ぎると、一気に枯れてしまいます。7月19日に8号畑の紅花を21日には6号畑の紅花をすべて抜き取りました。
CIMG3665

CIMG3666

CIMG3668

CIMG3672


CIMG3710

CIMG3711

 6号畑の藍は、7月14日に一番花を確認しました。
CIMG3694

CIMG3811

↑このページのトップヘ