H.A.M.A.木綿庵(ゆうあん)

こころはればれ晴れ(Hare)の日も、こころしとしと雨(Ame)の日も、まえ(Mae)を向いて、歩き(Aruki)たい…。                  このブログでは、おもに綿の栽培記録を紹介させていただきます。

 一昨日の3月18日(火)にトラクターの購入手続きを終え、さっそく納品。木綿庵1号畑の田起こし作業に取り組みました。
 入手したトラクターは、ヤンマーの営業所を通じて購入した中古機で、「Ke3」というタイプ。アワーメーターは200時間台で、しかも整備済み。オークションではなくて正規の購入なので、実技指導もサービスの一環としてしていただけるということでほんとに喜んでいます。
 当初は20日納品の予定でしたが、19日から20日にかけてまとまった雨が降るという予報で、降雨のあとの田起こしはできないということで、急遽予定を変更。18日の午後4時から約2時間かけて約1反の田を起こしました。
 トラクターに初めて乗った者としての感想は、後進(バック)の際にはロータリー(土を掘り返す爪がついている部分)を上げるということをつい忘れがち、ということです。ロータリーを下げたまま後進すると、ロータリーを傷めてしまうので、このことに一番気をつかいました。
 それと、道路を走る際には、ギヤを「高速」の「4(最速)」まで入れるのですが、「2」と「3」の差が大きく、2から3にギヤチェンジした時に、ウィリー状態になり、いきなり転倒しそうになりました。車と同じで、機体の癖をつかむ必要があることを痛感しました。
 なお、実技指導をしてくださったヤンマー営業所の1級整備士さんはとても親切な方で、こちらの質問にも一つひとつわかりやすく丁寧に教えてくださり、ほんとにありがたく心強く感じました。
 また一歩前進です!

 木綿庵の2号畑に、トラクターや農具等を保管できる農具小屋をつくりました。古家の解体現場からもらってきた柱材をコンクリートブロックに差し込んで土中に埋め、骨組みをつくりました。ほんとに簡素な簡易小屋ですが、とにかく雨露をしのぐことだけはできそうです。
 3月9日(日)、1日で棟上げまで完了。10日の午後と11日の午後を使って、トタン板(波板)で屋根をつくりました。あとは、壁面づくりです。
 作業をしていて気がつきましたが、少し高いところにあるだけに風をうけやすく、波板がすぐに風でまくれてしまわないか、小屋ごと吹っ飛ばされないか、とそんなことが心配になってきました。やりたいことが次から次へと出てきて、時間がいくらあっても足りません…。

 不登校やひきこもり気味の人たちの居場所を提供したいと思い、始動したばかりの「木綿庵(ゆうあん)」ですが、現在トラクターの購入で悪戦苦闘中。予算20万円では、なかなか思うようにいきませんね。ヤフーオークションで一生懸命あたっていますが、良いモノにはやはりそれなりの値段がつくものだということを勉強させていただいております。 
 なお、先日(12日)に、木綿庵の畑2号、3号、4号にも看板を設置してきました。製材所でタダで分けていただいた檜の厚板に、山林所有の方からタダで分けていただいた間伐材の柱を用いて制作。二上山に沈む夕陽を眺めながら、設置作業完了。はやく、この畑を憩いの場としてくださる方々に巡り会いたいものです。
 

↑このページのトップヘ