H.A.M.A.木綿庵(ゆうあん)

こころはればれ晴れ(Hare)の日も、こころしとしと雨(Ame)の日も、まえ(Mae)を向いて、歩き(Aruki)たい…。                  このブログでは、おもに綿の栽培記録を紹介させていただきます。

 今日は令和元年11月8日(金)、立冬です。朝夕めっきりと冷え込むようになりました。亜熱帯植物のワタにとって、寒さはやはり身にこたえるようです。今でも花はさき、コットンボールもはじけてはいますが、花は確実に小さくなり、実の数も少なくなり、また実の吹き方も収穫最盛期のようなフワフワとした感じはなくなってきました。 
 今シーズンは、和綿の収穫最盛期は9月中下旬。洋綿の収穫最盛期は9月中下旬から10月中旬でした。
 9月以降、しばらくブログの更新が滞っていましたので、以下に収穫最盛期の写真を添付させていただきます。
CIMG1582

CIMG1575

CIMG1576

CIMG1559

CIMG1560

CIMG1541

CIMG1533










 今日は令和元年11月7日(木)。このたび、yahooブログのサービス終了に伴い、Livedoorブログに引っ越しをさせていただくことになりました。移設作業は11月4日にひとまず完了。慣れない操作に戸惑いながら、ようやく引っ越し後、初めての記事を書くことができました。
 yahooブログを立ち上げたのが、2008年1月26日でした。11年間お世話になりましたので、感慨も一入です。このブログでは、おもに綿の栽培記録を紹介させていただいてきましたが、これからも同様のコンセプトで続けていきたいと思っています。ひきつづき、どうぞよろしくお願いいたします。
CIMG1810
  1号畑全景
CIMG1729
 5号畑
CIMG1720
 6号畑
CIMG1732
 2号畑から3号、4号畑を望む

 今日は令和元年8月29日(木)。8月も月末を迎え、残暑厳しい中にも、朝夕はずいぶんとしのぎやすくなり、秋の気配が感じられるようになってきました。
 さて、畑では綿の開絮(かいじょ・綿の繊維があふれ出すこと。古来、「綿が吹く」と表現する)が始まりました。
 1号畑の和綿の白綿は、8月14日(水)に初めて開絮を確認しました。6号畑の和綿の茶綿は、8月25日(日)に初めて開絮を確認しました。また、6号畑の洋綿の茶綿は8月27日(火)に初めての開絮を確認しました。7号畑の洋綿の緑綿は、8月29日(木)に初の開絮を確認しました。いよいよこれから本格的に綿の開絮シーズンを迎えます。綿摘みに追われる毎日が始まります。
  ちなみに、綿の花は8月中旬が開花期のピークで、下旬に入って花の数は目に見えて減ってきています。
イメージ 1
イメージ 2












イメージ 3イメージ 4












イメージ 5
イメージ 6



↑このページのトップヘ