H.A.M.A.木綿庵(ゆうあん)

こころはればれ晴れ(Hare)の日も、こころしとしと雨(Ame)の日も、まえ(Mae)を向いて、歩き(Aruki)たい…。                  このブログでは、おもに綿の栽培記録を紹介させていただきます。

 今日は令和3年9月8日(水)。昨日7日が二十四節気の「白露」でした。処暑から白露までのお天気は以下の通りです。天理市乙木町における感覚的観測データです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/✕=晴のち雨。〇|✕=晴時々雨、△:✕=曇り一時雨。
 824〇、25〇、262728〇、29、30〇31、9月1|2✕3✕、4✕|、5、6|、7△|
 前回の処暑以降、猛暑晴天の日が1週間ほどつづいたおかげで、綿が次々とはじけはじめました。今期の洋綿の開絮初確認は8月26日でした。
 和綿では真岡綿につづいて大和山辺綿の赤木種、青木種はじめ、河内綿、伯州綿もさかんにはじけるようになってきました。ただ、9月初めの雨で、ややペースダウンした感があります。綿は「日和草」ともよばれるだけに、これからひと月の天候が、今期の綿の収穫量を左右することなります。
18

17

12

13

8

9

11

8

19


image1

image3

image2

21

image6







 今日は令和3年8月24日(火)。昨日23日(月)が二十四節気の「処暑」でした。立秋から処暑までのお天気は以下の通りです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/✕=晴のち雨。〇|✕=晴時々雨。△:✕=曇り一時雨。 8月7〇、8〇|△、9△|✕、10△|〇、11△、12△/✕、13✕、14✕、15✕/△、16△|✕、17✕|△、18✕|△、19✕|△、20△|✕、21△:✕、22△、23△。  
 8月9日以降、この時期としては珍しく、西日本を中心に梅雨末期のような長雨、豪雨に見舞われ、全国的に大きな被害が出ています。当地でも降り続く雨に、畑の土が乾く間もありません。ちょうど綿がはじけはじめる大切な時期です。これからの天候が、今年の綿の収穫を左右することになりそうです。  
 そのような中でも、試験農場で栽培している和綿の真岡綿で、8月21日早朝に今シーズン初の綿の開絮(かいじょ:綿の実が吹く、はじけること)を確認しました。そして2日後の23日には、大和山辺綿赤木種、青木種でも開絮を確認しました。

試験農場の真岡綿です。
image23

image26

1号畑の山辺綿青木種、赤木種です。
image9

image6

image2

image1

image6

山辺の道沿いに設置している無人販売所の、牛乳ポット、植木鉢でも開花、結実しています。
image17

image16


 今日は令和3年8月9日(月)。2日前の7日が二十四節気の「立秋」でした。大暑から立秋までのお天気は以下の通りです。天理市乙木町における感覚的観測データです。〇=晴れ。△=曇り。✕=雨。〇/✕=晴のち雨。〇|✕=晴時々雨、△:✕=曇り一時雨。
 月22〇、23、24〇、25〇、26〇、27|、28、29〇、30〇、31〇:雷雨。8月1〇:雷雨、2〇:✕、3✕、4〇、5〇6✕/〇、7〇。  
 快晴猛暑が続く中、7月31日と8月1日に短時間ながらゲリラ豪雨のような夕立がありました。乾ききっていた畑にとっては恵みの雨となりました。
 さて、綿畑は立秋を迎えていよいよ開花最盛期に入った感じです。洋綿、アプランドの白い花、赤味をさした花、赤い花。和綿のクリーム色の花、赤味をさした花、洋綿、伝スーピマの
大ぶりの花など、花の見頃を迎えています。一方で、結実が順調に進み、大きく膨らんだ蒴果、コットンボールがいくつも目にとまるようになってきました。あと半月もすれば綿がふきはじめるかもしれません。 
 以下の写真は1号畑と7号畑(試験農場)の様子です。
image12

image10

image19

image26

image27

image23

image29

image8

image14

image13

image4

image3

image0

image1



↑このページのトップヘ